素材の劣化

    革の素材のソファーは時間が立つとだんだん劣化してしまって剥がれてしまいます。張替えをすればソファーはもとのよう...

    Readmore

    家具の汚れ

    自宅にある家具は長年使うものばかりが揃えられています。インテリアに厳しい人やデザインに力を入れている人でなけれ...

    Readmore

    アレンジしてみる

    年季が入ってしまったソファーは布や革が変色してしまったり、革だと劣化してしまったりして張替えが必要になってきま...

    Readmore

    すわり心地の改善

    今まで座っていたソファーはだんだんと革が伸びてしまったり劣化してしまい、あまりすわり心地のいいものではなくなっ...

    Readmore

年季が入ってしまったソファーは布や革が変色してしまったり、革だと劣化してしまったりして張替えが必要になってきます。ソファーは長年使っていく家具のひとつで、やはり思い出も増えていくことからなかなか捨てる気にはなれません。そのソファーの革などの張り替えをすれば耐久年数をのばすことができるのでいつまででも使うことができます。… 続きを読む

年季の入ったソファーは革などの生地の張替えで、買ったばかりの時のようなすわり心地を蘇らせてくれます。そのソファーの生地の張替えの技術を証明する国家資格があります。それが「椅子張り試験」です。これは職人の技となっているため日本の国家資格として認められています。業者によってはこの資格の保持者がいます。その職人にソファーを元のようにして欲しいですよね。… 続きを読む

今まで座っていたソファーはだんだんと革が伸びてしまったり劣化してしまい、あまりすわり心地のいいものではなくなってしまいます。ずっと座られたソファーの革などの生地は汗や皮脂などが染みこんだりと年季が入っていきます。そうするとベタベタ感が出てしまって心地悪いです。そうなってしまえばソファーの買い替えを考え始めてしまうかもしれませんが、やはりコストがかかってしまいます。… 続きを読む